2008年09月19日

手繰り寄せた大きな1勝

C7‐1D

初回にシーボルのタイムリーエラーで先制を与えて、どうなるか心配したけど、これで崩れる強心臓・齋藤悠葵ではなかったね。

大事な直接対決第1ラウンドでここまで3試合しか投げてない齋藤を持ってきて、結果を出すあたり、並の若手ではないよ。

6回投げて1失点と文句ナシの内容で、特にストレートの威力が素晴らしい♪
130キロ台のストレートなんぢゃけど、140後半の体感スピードに感じとるんぢゃないかってくらいドラゴンズ打線が差し込まれて面白いように追い込んでいけたから、齋藤有利のカウントで試合が運べたのが大きな勝因に繋がったね!

建さんが抜けて、左の先発がどうなるかと心配したけど、今季4試合投げて3勝と十分すぎる出来の内容には、ファンも信頼度を印象付けたぢゃろうね♪


もうひとつ嬉しいことは東出の復帰。
1試合休んだだけで、テーピング固めてはいたけど、守備の送球に安定して投げとったけん、あれなら心配いらんぢゃろ!ヒットも出とったしね♪


今日は効果的に得点を重ねていい勝ちっぷりぢゃったね。
ホームランあり連続タイムリーありと繋がったのはファンの後押しかね!今日もたくさん入っとったし、明日から6戦も地元・市民球場で、大入りは間違いないぢゃろうけん、ドラゴンズに対してかなりのアドバンテージを得たんぢゃない?!

今日勝ったことで、クライマックスシリーズの出場権は8割方手繰り寄せたんぢゃない。

まだ早い?!


posted by 13 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果’08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。