2009年10月25日

CADなんてない時代なのに

数日前、実家に帰ったときにオカンからテレビ番組表を見せられたんぢゃけど、
『こんな番組あるけどビデオ撮っとこうか?!』

タイトルからして興味津々なこの番組


‘世界一高価なモノがたり’

ブレゲNo.160 マリー・アントワネット.bmp

今回の特集が天才時計師・アブラアン・ルイ・ブレゲのNo.160 マリー・アントワネットの特集。


このタイトルだけで僕はWOWOWに電話し、即日契約しちゃいました。


実家で撮ってもらえばえかったんぢゃけど、ブルーレイでないので契約しちゃえ、と。。。

そして、本日放送日。


数奇な運命をたどった“50億円とも200億ともいわれる時計”


『納品期限は設けない。金もいくらかかってもかまわない。最も複雑で最も美しい時計を作ってほしい。』と。

その間、フランス革命があり、発注者でもあるマリー・アントワネットも処刑され、ブレゲもスイスへ逃亡とあらゆる障害があって完成まで44年かかり、それでも発注者はもちろん、製作者のブレゲでさえ完成を目にすることもできず.....

このモデルは凄すぎるんよね。
100年に一度しか回らん歯車があったりと複雑すぎる機能満載で、写真見てもらえれば解るけど、小さなケースの中に毛細血管のごとく小さなパーツが所狭しとギッシリ詰まって、それでいて美しい仕上げ。


まぁ、話したいことは山ほどあるんぢゃけど、僕が書くと安っぽくなるんで、ここまでで興味持った人は連絡ちょうだい。

DVDを貸し出ししますんで。


一枚は下村時計店に寄贈するんで、のほほんさん、あらまーさん、ヨッスィーさんは弥七さん、かずさんに声を掛けてみてください。



しかし、WOWOWってNHKよね。
地上波の視聴料金は引き落としされようるんぢゃけど、これからはBSのほうも追加して払わんといけんのぢゃろか。。。

WOWOWを契約したことで、衛星環境が整っとるってのがバレるわけぢゃし。。。

まぁ、別にええけど!



posted by 13 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212611947

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。