2012年04月21日

内、内、そして内

C1‐6D

倉が離脱して以降、白濱がスタメンマスクを被っとったわけぢゃけど、今日は會澤がスタメン。

その會澤のリードが面白いというか、石原とは対照的ぢゃなぁと、ワクワクして観戦してました。

もうね、ゲーム序盤はしつこいくらい内角攻め。
3球4球続けるなんてザラ。


石原とは真逆。


ドラゴンズ打線も、インコースが多いもんぢゃけん、体開いてカット。

それでも裏の裏をかかれるのか、調子のよくない篠田でも三振が奪える。


内、外とバランスよく攻める白濱のリードに対して、内を攻める強気なリードの會澤。

今村に代わってから、さらに失点されたけど、これも勉強。
打たれて学ぶことの方が多いんだから。


石原、倉とは違った持ち味のリードをする二人をどんどん使って経験を積ませてほしい。


ゲーム負けとっても、この二人のリードを見てるだけで、新鮮で楽しめた。

勝てれば言うことなしなんぢゃけど。


まぁ、ドラゴンズには勝てんね。
ドラゴンズというか、谷繁に負かされとるんか。

打ち気をそらされるというか、上手い具合に抜いてくる。

あの辺のリードを若い二人に参考にしてもらいたいけど、あれは場数踏まんと出来んよね。

なんにしても、後釜を心配しとったけど、ちゃんと育っとるのが確認できたので安心しました。



しかし、負けとる状況で今村を3イニング投げさす意図は??

なに考えとんぢゃ、大野村は!!



posted by 13 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果’12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265947883

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。