2012年04月22日

必見!!

製造工程を紹介してるレアな動画を発見!

PANERAIファンなら見なきゃ。
ここまでオートメーションされててスゴいというか、意外というか.....

http://t.co/RDH76gmX


9回、サファテで負けちゃったので、コチラでお楽しみください。



タグ:PANERAI
posted by 13 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

ごたいめぇぇぇん

8月突入しちゃった。

みなさん、セミの泣き声で不快な目覚めはしてないでしょうか?

そんな8月、誕生月でもあり、34歳を迎えます。。。


もう、どうでもええね、誕生日は!


んなことより今日はこれまでエヂツィアーノが出会ってきた?!素敵なモデルを紹介しますね。

まずはコンパス

2011-06-11 20_16_52.jpg

パネライ唯一の同サイズ!

2011061201203785e.jpg

同じ60ミリなんぢゃけど、厚みがハンパないので、エヂツィアーノが小さく感じる。

コレ、欲しいんよなぁ。
20110612011543478.jpg

普段、着けることは皆無ぢゃろうけど、両手に着けて地中海を潜ってみたい!

でも、時計ではなく、コンパスに60万.....なかなか出せんなぁ。

DSC_0174.jpg

モンブリラン・ダトラ(中)も入れてみた。


ダトラも存在感あるのに、ここまでふくよかなモデルと並ばせるとね、写真だけ見たらダトラ、ボーイズサイズ出したの?!って勘違いされるかも。




コチラは2011大阪・堂島リバーフォーラムで行われたBRITITLING DAYより、
DSC_0140.jpg

ベントレー・バーナート・レーシングの金無垢。

いやぁ、金は重いけん肩凝るわ。

値段も重いし.....

ここではエヂツィアーノ、ブライトリング・ジャパンスタッフから注目の的でした。
ベントレーモデルよりデカいサイズの腕時計があるなんて.....


このイベントに同席した友人のトランスオーシャン・ジャパンリミテッド(右)とブラックシール(左)。
DSC_0144.jpg

トランスオーシャンは通常モデルは裏スケにはなってないんぢゃけど、限定の方はB01のムーブが見れるんで堪能しちゃいました。

時計より後ろの餃子のほうが気になるって?!



番外編
沖縄の海とオリオンビール♪
DSC_0121.jpg


やっぱ海が似合うよ、コイツは!



おまけ♪
先週土曜日、尾道は住吉花火祭りでした。
2011-07-30 20_33_57.jpg

友人が席を前日から並んで取っててくれたので楽チンでした!

はぁ、浴衣着てデートしたかった。。。





タグ:PANERAI BREITLING
posted by 13 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

気分だけでも

1263485262164_Pam300_Front.jpg

2010、SEとして発表された世界限定99本のマーレ。

コイツを買えるわけはないので、ストラップだけでもマネてみましたグッド(上向き矢印)

2011-05-16_15.17.12.jpg

共通点は同じクロノグラフということだけ.....

キャンバス素材なのでこれからの季節にぴったりるんるんるんるん

タグ:PANERAI PAM196
posted by 13 at 16:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

FATな男前

おっと、大きな箱が?!
DSC_0060.jpg
42型のテレビと比較してもかなりデカい!!


テレビには、さんちゃんが映ってますね。

DSC_0061.jpg
開けてみると大層な梱包が施されてます。

梱包材の中から黒いBOX。
DSC_0063.jpg

BOXから出してみると見覚えのあるロゴが?!
DSC_0064.jpg

もう、お解かりですね♪


ぱかっ
DSC_0066.jpg

PAM341エジツィアーノ 





とってもデカい収納BOXってのは分かってもらえたと思うけど、レギュラーモデルの8Days GMTと比較してみました。
DSC_0065.jpg

パネライのBOXって、普通にデカいんぢゃけど可愛くみえる。。。


限定モデルはレギュラーモデルと比べて大きいんぢゃけど、エジツィアーノはそれよりもさらにデカい!

持って帰るの、重かった.....


ここでエジツィアーノのプロフィールを軽く紹介しますね。

イタリア海軍との深い繋がりのあったパネライが、1950年代にエジプト海軍の要請でプロトタイプを50個ほど納品されたのが、このモデル。
現在のサブマーシブルの原型にもなったモデルでもあります。


僕は2005年に国際フォーラムで行われたフィレンツェ本店の博物館がそのまま展示されたときに、オリジナルを見て圧倒的な存在感に魅了され、コイツが復刻されるようなことがあるなら手にしたい、と強く思い、2009年の発表まで下村時計店に行くたびに言ってました。


ちなみに自社ムーブ発表も、このときに目の当たりにして買わねば、と下村時計店に8Days GMTを予約したのは言うまでもない。。。


所有モデルと仲良くパチリ
DSC_0080.jpg
DSC_0077.jpg




でっかいよね。

この人も所有してます。
e0181908_7282986.jpg

この人の腕は尋常でないので、エジツィアーノが普通の時計に見えます。。。
e0181908_7285253.jpg


僕が着けると
DSC_0059.jpg
DSC_0057.jpg
DSC_0056.jpg


かずsun、いっぱい撮影してくれてありがとです♪


タグ:PANERAI PAM341
posted by 13 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

CADなんてない時代なのに

数日前、実家に帰ったときにオカンからテレビ番組表を見せられたんぢゃけど、
『こんな番組あるけどビデオ撮っとこうか?!』

タイトルからして興味津々なこの番組


‘世界一高価なモノがたり’

ブレゲNo.160 マリー・アントワネット.bmp

今回の特集が天才時計師・アブラアン・ルイ・ブレゲのNo.160 マリー・アントワネットの特集。


このタイトルだけで僕はWOWOWに電話し、即日契約しちゃいました。


実家で撮ってもらえばえかったんぢゃけど、ブルーレイでないので契約しちゃえ、と。。。

そして、本日放送日。


数奇な運命をたどった“50億円とも200億ともいわれる時計”


『納品期限は設けない。金もいくらかかってもかまわない。最も複雑で最も美しい時計を作ってほしい。』と。

その間、フランス革命があり、発注者でもあるマリー・アントワネットも処刑され、ブレゲもスイスへ逃亡とあらゆる障害があって完成まで44年かかり、それでも発注者はもちろん、製作者のブレゲでさえ完成を目にすることもできず.....

このモデルは凄すぎるんよね。
100年に一度しか回らん歯車があったりと複雑すぎる機能満載で、写真見てもらえれば解るけど、小さなケースの中に毛細血管のごとく小さなパーツが所狭しとギッシリ詰まって、それでいて美しい仕上げ。


まぁ、話したいことは山ほどあるんぢゃけど、僕が書くと安っぽくなるんで、ここまでで興味持った人は連絡ちょうだい。

DVDを貸し出ししますんで。


一枚は下村時計店に寄贈するんで、のほほんさん、あらまーさん、ヨッスィーさんは弥七さん、かずさんに声を掛けてみてください。



しかし、WOWOWってNHKよね。
地上波の視聴料金は引き落としされようるんぢゃけど、これからはBSのほうも追加して払わんといけんのぢゃろか。。。

WOWOWを契約したことで、衛星環境が整っとるってのがバレるわけぢゃし。。。

まぁ、別にええけど!



posted by 13 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

独魂

別に孤独が好きってタイトルぢゃないですよ.....


日曜に下村時計店へ。

ここでね、貴重なお話が聞けたんで、ちょっと紹介しますね。


  A.ランゲ&ゾーネ。


ドイツ最高峰のウォッチメーカー。そして僕が一番崇拝しとるとこ。

本社より研究開発部長ティノ・ボーベ氏が来るってんで、行かなイケンぢゃろ!

もうね、行って正解♪
ランゲの虜ですわ。

なにをどう説明すりゃいいのか解らんけど、ちょっと紹介しますね。

質問1.『最近、大型化がほとんどですが、小型モデルをつくらないのか?』

ボーベ氏『ドイツをイメージしてください、車でも頑丈でタフなモデルが多いでしょ。質実剛健にこだわるのは、精度を高めたいからです。スイスのメーカーで小さく薄くというモデルにチャレンジしてるとこもありますが、我々の理念には強度でしかも正確であること。』

うん、僕も賛成。


質問2.『ジュネーブコードとグラスヒュッテコードの違いについて?』

ボーベ氏『どちらが早かったかというと解りませんが、その模様がジュネーブで作られたか、グラスヒュッテで作られたかの違いです。』

いいねぇ、この差別化。我々のほうが美しいでしょって言わんばかりの自信みたいなのが!


質問3.『外国人はどのくらいの割合でいるのか?』

ボーベ氏『オーストリア人が2名、アイルランド人が1名の計3名です。』

すぐさま、僕は『スイス人がいないのは意識してるから?』

ボーベ氏『スイスでも職人は不足してます。職人の確保は大事ですからね、海外への流出は痛手でしょう。』

う〜ん、リシュモンの資本力を動かせばそんな問題どうにでもなるような.....やはりドイツのものはドイツ人でなきゃってのを感じました。


まだね、一杯あるんぢゃけどね、一番の印象がどんだけ美しく魅せることに妥協をしないかってのが残りました。

復興にあたって最高の素材を使うこと。精度はもちろんのこと、精度に関係のないパーツを磨く工程や仕上げの隙の無さには、感心させられたし、ムーブメントを開発するにあたって、赤(ルビー)、青(ネジ)、金(ワッシャー)をキレイに魅せるバランスも考えとるって言うんぢゃけんね。

凄いわ。

あと氏が所有するダトグラフ・パーペチュアル(マンション買えます)を惜しげもせず差し出し、プッシュボタンを押してムーブメントの動きを見てくださいと。

何も言葉はいらんかったね。

ゲルマン魂を垣間見た1日でした。


ランゲかぁ.....欲しいわ!

買える日がくるんぢゃろか。。。

20081005163955.jpg




posted by 13 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

10年の軌跡

日曜日から東京に行ってきました。コレがあったもんで♪
ff44c632_640.jpg


前回、2005年に国際フォーラムで行われたフィレンツェ本店の博物館がそのまま展示されたときは、写真撮影はNGだったわけぢゃけど、今回はOKということで好意に甘えてたくさん写真に収めちゃったんで紹介します!!



リシュモンが買収してから10年.....ものすごいスピードでここまで成長してきたPANERAIが、これまでスペシャルエディションを含む貴重な歴代モデル66点と、4つの自社キャリバーを一堂に集めた展示会


   Panerai Laboratorio Di Idee 10年の軌跡

入ってすぐに圧倒的な光景!

IMG_0447.JPG


ズラリと並んだスペシャルエディションの数々。のっけからテンションが上がる二人♪


進行方向に沿ってくと
IMG_0422.JPG


このようなパネルが壁一面に迎えてくれて、奥へ進むとメインルームへ!
IMG_0440.JPG



ここでは、主に自社キャリバーの紹介と、写真中央のモニターには自社キャリバーP2002の分解作業の模様を放映してました。

自身が所有してるモデルの細かなパーツを見ることが出来て、感動モノでした♪しかもリシュモンの方が付っきりで解りやすく説明してくれるといった好待遇!


そして、間近で見れる機会はコレで最後ぢゃないかと.....
IMG_0442.JPG

自社キャリバーのトゥールビヨン、一千万超えの庶民の僕には縁のないモデルですが、目の保養になりましたよ!


これはケースの製造過程の様子
IMG_0423.JPG


出口手前に大きなメモ帳?があって、来場者がコメントしてたんで一緒に行ったマイミク・シンシンと記念に書きましたがな。

IMG_0453.JPG


土産まで貰って大満足で会場を後にしました♪
IMG_0457.JPG

袋の中身はマニファトューラコレクションの英字版のカタログと、これまでのスペシャルエディションのカタログと、2007年度の製品カタログでした!



その後、余韻を引きずりながら時計店巡りをし、一緒に行ったマイミク・シンシンは、買っちゃうのかって勢いで試着を繰り返し、テンション上がりながら迷ってるのには笑えた♪


結局、今回は迷いすぎて見送っとたけど、近い将来間違いなく買うね!!


その後もいろいろあったけど、今日はパネライ展のことだけにして、続きは次回に書きます。

なんてったって、シンシンといると濃いいんでね、一日が。。。


んぢゃ、シュワッチ(←パクッちゃった、知る人は知っとるね!!)


タグ:PANERAI
posted by 13 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

湯川学(福山雅治)は.....

月9の『ガリレオ』

見とります??


1cd7e742_640.jpg
福山雅治はかっちょええねぇ〜♪


そんな福山扮する湯川学が着けてる腕時計がコレ

5a093e7c_640.jpg
【グラハム・クロノファイターRACブラックショック】

でもこの写真ぢゃ、グラハムの特徴的なアレが隠れてるんで.....




99635075_640.jpg
どう?この独特なリューズ(9時位置)
なんでも、このレバーは第二次世界大戦中、ミントグローブを装着した爆撃機パイロットのために開発されたシステムに基づき、実用性、スピード、人間工学を考慮したのがアクションレバーらしいです。

今夜、ガリレオを見る時は、湯川学の手元に注意してみて見てくださいね。


グラハム・・・・・クロノグラフの父と呼ばれたジョージ・グラハム(1673-1751)。史上最初にクロノグラフ(ストップウォッチ機能)を開発したけど、特許を取ることを嫌い、技術を広めるのを惜しまないほどの人格者だったらしいです。
現在はブリティッシュ・マスターズ社の傘下になり2001年に復活。ジョージ・グラハムに敬意を表し、全製品をクロノグラフに限定した展開が開かれてます。

まだ、一般的には知名度は低いけど、歴史的な裏づけがしっかりたブランドなので、コレを機に日本でもブレイクするかもね。パネライのように.....

実は3年前、パネライ・Daylight購入時に最後まで迷ったブランドでもあるんです。





posted by 13 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

きっかけ

PANERAI購入秘話が綴られてるディープなお話です。

さあ、どうぞ!!



僕はPANERAI
PAM00196 ルミノール・クロノDaylightを所有しています。


これが初めての機械式時計で、それまでは時間を調べるときはもっぱら携帯電話で、腕時計といえばサーフィンするときにだけ着けるG-shockぐらいでした。

もう社会人だし、大人?!らしく腕時計を購入しよう、と決意したのは26歳を迎えて間もないころでした。


それまで腕時計のことはまるっきりと言っていいほど、知識は皆無に等しかったから、ROLEXやOMEGAといった聞いたことのあるブランドから選べばいいや、と今では考えられないくらい安易なものでした。


偶然、下村時計店でIWCを購入した友人がいたので、参考までに聞くと驚かれた。予算設定の段階で50万くらいかな、と言うと、そんな予算を考えてるならROLEXだけという枠では勿体ないと怒られた。その価格帯ならいい時計がうじゃうじゃあるから、もっと勉強して悩んで買え!っと。


その一言で目が覚めた僕は書店に走り、時計雑誌を読みまくった。

なるほど。ブランドには自社でムーヴメントを生産するとこもあれば、ベースとなるムーヴメントは供給してもらって自社で手を加えるなど、ブランドによって様ざま。うん、奥が深い。


この頃には雑誌と毎日にらめっこ。ほぼブランドも固まりつつあった冬頃に衝撃の出会いがあった。



映画「トランスポーター」を見たとき。

オープニングで主人公の時計のアラームが鳴り、アラームを止めるシーンで時計がアップになると、「なんぢゃこりゃぁ」と、松田優作ばりに驚いたのを鮮明に憶えている。

映画の中で激しいアクションや、ダイビングのシーンでも常に着けていて、なんてタフな時計なんだと感心し、本編より時計ばかりに目が行った。


このときはもちろん解らなかったけど、後に調べた結果PAM0074ルミノール・クロノグラフだった。(実際の時計はアラーム機能なんてないのにね。)

また白紙に戻して、映画でしてたブランドはどこぢゃ、とネットなどで調べた結果、PANERAIに辿り着いた。


それからはもうPANERAIしか頭になく、イタリア海軍での功績や、つい最近までは民間に出回ってなかったりとか歴史的背景にも惹かれ、もうPANERAIの虜。

当初の予算設定はこのときは、もうどうでもよくなってきた。それぐらい惚れこんぢゃいましたね。



しかし、PAM0074はすでに生産終了になってて、現行モデルPAM00162も正規取扱店では在庫がない状況になってた。。。


初めての機械式時計ということもあって、中古や平行輸入店でなく、正規店で買いたかった。PANERAIの顧客に名前を残したいと願望のために。。。


そして、春に新作PAM000196Daylightが発表され、購入を決意してから約1年後、待ち焦がれた恋人は27歳の誕生日を迎える2週間前に手元に届いて、記念すべき写真がこの1枚です。

 
DSC00065.JPGIMG_0366.JPG

20061031171712.jpg

長々と書き込んぢゃいましたが、僕のきっかけは映画でしたね。




新作「トランスポーター2」ではPAM000196Daylightを着用してました。きっかけの映画で僕と同じモデルの登場には嬉しい気分になりました。(またまた付いてるはずない機能のアラームが鳴りましたけど)




最後まで読んでくれた人、ありがとう♪

タグ:PANERAI
posted by 13 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。